忍者ブログ
  • 2020.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2020.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2020/07/03 04:15 】 |
すったもんだ台湾139 ロボットはみな「金剛」
 (今回の日記、

 Youtubeはさらっと30秒ぐらい聞いたら

 テンポよく次に行ってください)



  中国語の先生と話していて、

 お台場の等身大ガンダムは静岡に移動しました

 という話になって、

 静岡、静岡(Jing Gang)と言ったつもりが

 金剛、金剛(Jin Gang)と聞こえたらしく、

 「あ、それってマジンガーZですか?」

 という話になって、

 ちょっとまで、マジンガーじゃなくて、と説明したら

 二つの言葉の発音が似ていて、声調がちがうだけということがわかった。


 で、マジンガーZは「無敵鉄金剛」といい

 昔娯楽が少ないときに、女の子も男の子もみんな見ていたので

 歌が歌えるんだそうだ。

 Youtubeで探してみたけど、

 ビームが大好きな水木一郎兄貴のあのマジンガーとは

 まったく違っていた。


 

 

 歌の最後は兜甲児くんのカメラ目線でキマリッ!




 いやはや、スーパーロボット大戦をやっていなかったら

 こんな世界しらなかっただろうな。

 素晴らしい日本の文化です。


 

  うーん、なんだろうこの感じ。。。。

 強くない感じ。。。

 少年マンガっぽくはあるけど。


 で、最近はトランスフォーマー3の映画の

 熱の剣みたいなの持って暴れ狂うコンボイの

 CMがひたすら流れてるんだけど、

 あ、今はコンボイっていわないのか

 オプティマス・マイティだっけ?

 すごいアメ公厨な名前やな。

 そのタイトルが 「変形金剛3」って。

 金剛って、マジンガーの名前じゃない?

 とおもったら、どうやらロボット系は金剛という名前が

 つかわれることが多い。

 
 グレンダイザーは「金剛戰神」らしい。

 ガンダムは「鋼彈」

 なんか、イメージと音でとりあえず漢字をあててる

 様子。

 エバンゲリオンは 福音戦士や。

 エールストライクガンダムは翼型攻撃鋼彈。

 スーパーロボット大戦は超級機器人大戦。

 ま、とりあえず

 マジンガーとトラスフォーマーは名前がおなじだったよ

 という話です。


  

 これをよっぱらって歌ったときには気力150だわ


  

  いいえ、知りません。

  
  

  
  これを聞いても気力150

 これ、マクロスセブンのバサラの代わりに歌ってる人だぜ?


  


  これを聞いても気力150

 残念なのが、人物の絵がヘタな同人誌レベルなところ。

 
 

  これが流れても、気力があがる。

 弱くてもベネッ!ロランならベネッ!


  

   これを戦闘シーンで聞くことが、数年間ない。

 弱くてもベネッ!


  

   番組は打ち切りでも、エックスはかっこいい。

 気力150や。


  

 これ見ると、すごく面白そうに思える。

 そして、古い映像やなぁ~~~~


  

 文句なしの気力150です



   

  制御不能の巨人に、乗ってしまう人類。

  それを欲しがってしまう人類。

  そして消える人類。 原発と一緒や。さすが皆殺しの富野。


 

  応援しています。

 ニワカなガンダムSEEDやOOなんかやっつけてしまえ。


 

  映画版では、小説版の内容を削っているのが非常に残念ですが

  応援しています。
 
  
  

 
   そして、真打は最後に登場だとこれで知った。
PR
【2011/07/08 00:43 】 | すったもんだ台湾 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<すったもんだ台湾140 圓山大飯店の地下 | ホーム | すったもんだ台湾138 大陸人がやってくる>>
有り難いご意見
コンボイのなまえ
オプティマスプライムやった
【2011/07/10 09:35】| | ビーム兵器(ご本人様) #92da3cd7b6 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>